新着情報

化粧品を販売のために輸入したい

化粧品を日本へ海外から輸入する場合、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)(以下、「法」といいます。)の適用を受けます。 以下、同法により求められるステップを簡略してご説明します。(詳細についてはお問合せください。) 化粧品製造販売業許可と化粧品製造業許可 化粧品を輸入し販売するには、まず、化粧品製造販売業許可が必要です。 製造販売とは,製造や輸
続きを読む >>

化粧品の詰め合わせボックス販売における表示方法

詰め合わせ用ボックス表面に表示を貼る必要があると思いますが、商品のいろいろな組み合わせがあるため、一律にはいきません。どのように表示をすればよいでしょうか。 弁護士からのご提案 化粧品の公正競争規約では、「邦文で外部から見やすい場所に明瞭に表示しなければならない。」と規定してあります。つまり、商品ごとにシールを作成し、ボックスの中身に従って一つ一つ添付していくのが原則と考えられます。「見やすい場
続きを読む >>

化粧品をオリジナル詰め合わせボックスで販売したい

化粧品を、当社オリジナルの詰め合わせボックスで販売する予定です。 詰め合わせ販売をするにあたり、表示について気をつけなければならないことはありますか。 弁護士からのご提案 「詰め合わせ化粧品(医薬部外品を含む。)の自主基準」(昭和58年6月11日 薬監第45号 厚生省業務局監視指導課長通知)に、詰み合わせる個々の化粧品(直接の被包(容器)のないものを除く。)及び詰め合わせ箱に表示しなければならな
続きを読む >>

他社製造の化粧品を詰め合わせ販売する場合の表示について

他社が製造または海外から輸入した化粧品を仕入れ、その商品を、数種類ずつ当社にてギフトボックスに詰め合わせて販売する予定です。 商品本体には、輸入元が作成した表示が貼られていますが、ギフトボックスに詰めると見えません。その際に、ギフトボックス上に表示を貼ることが必要でしょうか?なお、当社は化粧品製造業許可を持っていません。 弁護士からのご提案 化粧品の直接の容器又は直接の被包が小売りのために包装さ
続きを読む >>

薬事法ドットコムにて広告会社様向けのセミナーを開催いたしました。


続きを読む >>

ニュースレター第12号を発行しました。

今回は、前号に続き、今年4月に改正法が施行された債権法の売買契約書に対する影響についての具体的に考察です。将来紛争になった時に不利にならないよう、法律を前提に契約書を作らなければなりません。 ↓ニュースレターPDF版はこちらから ニュースレター第12号
続きを読む >>

化粧品・トイレタリー専門誌C&Tに西脇弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

化粧品・トイレタリーの専門誌C&T 2020年夏号に、化粧品の知財についてのインタビュー記事が掲載されました。 詳細はこちらをご覧ください(PDFが開きます)
続きを読む >>

ニュースレター第11号を発行しました。

第11号は、今年4月に改正法が施行された債権法の売買契約書に対する影響について具体的に考察してみました。日々の取引にも法律が関わっており、契約書を作成する際にも法律を考慮しなければなりません。債権法はそれに大きく関わります。 ↓ニュースレターPDF版はこちらから http://nishiwakilaw.com/common/pdf/news-2020_5.pdf
続きを読む >>

「諸外国の労働事情について」というテーマで2回目の講演を行いました。

The Global Alliance for Sustainable Supply Chainにて、「諸外国の労働事情について」というテーマで2回目の講演を行いました。
続きを読む >>

「健康増進活動に伴うリスク管理」について講演を行いました。

一般財団法人日本スポーツコミッションで、「健康増進活動に伴うリスク管理」というテーマで講演を行いました。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
化粧品・美容関連業のあらゆる問題に対応します。まずはお気軽にご相談を。 050-1748-9706 受付時間:平日09:30~19:00(土日・祝日応相談) 受付:平日9:30~19:00(土日・祝日応相談)弁護士 西脇威夫
  • メールでのご相談はこちら
  • chatworkでのご相談はこちら
お問合せ
弁護士 西脇威夫
弁護士 西脇威夫ニュースレター
化粧品・美容関連業に関する法律や話題のニュースを弁護士の視点から解説。料で読めるニュースレターのメールでの配信登録はこちら。
無料購読する
バックナンバー