お知らせ

「諸外国の労働事情について」というテーマで2回目の講演を行いました。

The Global Alliance for Sustainable Supply Chainにて、「諸外国の労働事情について」というテーマで2回目の講演を行いました。
続きを読む >>

「健康増進活動に伴うリスク管理」について講演を行いました。

一般財団法人日本スポーツコミッションで、「健康増進活動に伴うリスク管理」というテーマで講演を行いました。
続きを読む >>

「コンプライアンス概論」というテーマで講演を行いました。

一般財団法人どんぐり財団にて、「コンプライアンス概論」というテーマで講演を行いました
続きを読む >>

諸外国の労働事情について講演を行いました。

The Global Alliance for Sustainable Supply Chainにて、「諸外国の労働事情について」というテーマで講演を行いました。
続きを読む >>

「リップル法律事務所」を設立しました。

牧山弁護士、黒柳弁護士、森田弁護士と共同して、新しく「リップル法律事務所」を設立し、六本木一丁目のアークヒルズサウスタワー16階に移転しました。それぞれのバックグラウンドを持つ経験豊かな他弁護士とも共同し、より高品質のサービスを提供する所存でございます。
続きを読む >>

毎日新聞より取材を受けました。

毎日新聞朝刊で、日大アメフト部の悪質タックル問題についてコメントしました。
続きを読む >>

NHKより取材を受けました。

NHK夜7時のニュースに出演し、日大アメフト部の悪質タックル問題についてコメントしました。
続きを読む >>

化粧品の個人輸入に関する規制

日本では販売されていない化粧品を、自分で使うために外国のECサイトを通じて購入したいのですが、何か問題はありますか? 弁護士からのポイント 一般の個人が自分で使用するために輸入する場合は、標準サイズで1品目24個以内であれば、税関の確認を得れば、薬監証明(厚生労働省確認済み輸入報告書)の取得をすることなく、輸入することができます。 この量を超える場合は、地方厚生局に必要書類をだして営業のための輸
続きを読む >>

ニュースレター第10号「今さら聞けない商標の基礎 その3」

前号ではパロディ商標が知財高裁で認められた例をご紹介しましたので、第10号では登録が認められなかったプーマのパロディ商標であるKUMAと、登録が認められたSHI-SAを題材に、商標が登録されるための要件についてさらに考えてみました。 ↓ニュースレターPDF版はこちらから ニュースレター第10号(2018年2月)
続きを読む >>

めざましテレビより取材を受けました。

カヌーでライバルの飲み物に禁止薬物を混入したドーピング事件に関し、めざましテレビより取材を受け、2018年1月10日に放送されました。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
化粧品・美容関連業のあらゆる問題に対応します。まずはお気軽にご相談を。 050-1748-9706 受付時間:平日09:30~19:00(土日・祝日応相談) 受付:平日9:30~19:00(土日・祝日応相談)弁護士 西脇威夫
  • メールでのご相談はこちら
  • chatworkでのご相談はこちら
お問合せ
弁護士 西脇威夫
弁護士 西脇威夫ニュースレター
化粧品・美容関連業に関する法律や話題のニュースを弁護士の視点から解説。料で読めるニュースレターのメールでの配信登録はこちら。
無料購読する
バックナンバー