解決事例

化粧品の個人輸入に関する規制

日本では販売されていない化粧品を、自分で使うために外国のECサイトを通じて購入したいのですが、何か問題はありますか? 弁護士からのポイント 一般の個人が自分で使用するために輸入する場合は、標準サイズで1品目24個以内であれば、税関の確認を得れば、薬監証明(厚生労働省確認済み輸入報告書)の取得をすることなく、輸入することができます。 この量を超える場合は、地方厚生局に必要書類をだして営業のため
続きを読む >>

並行輸入されている!

当社は、A国の化粧品会社甲の子会社であり、A国で製造したものを輸入して日本で販売しています。 親会社の甲がA国と日本で当社が仕入れる製品の商標権をもっており、子会社である当社が日本で商標権の独占的に使用する許諾をもらっています。 ところが、最近甲の製品が、当社より安い値段で日本で売られているのを見つけました。 当社の販売先ではありませんし、甲から商標の使用の許諾も得ていません。調べてみたので
続きを読む >>

輸入品に欠陥があった場合の責任

輸入品に欠陥があり、顧客から輸入販売をした当社に対して損害賠償請求がされました。製造元は、その欠陥について責任がないといって全く取り合ってくれません。 当社が全て責任を負わなければならないのでしょうか。  弁護士からのポイント 契約時に取り決めるのが基本 そもそも、契約を締結する段階で、輸入品に欠陥があることが判明した場合どのようにするのかについて交渉し、契約書に規定しておくのが通常です
続きを読む >>

化粧品の輸出

自社製品の化粧品を海外に輸出することになりました。何か気を付けるポイントはありますか? 弁護士からのポイント 引合いに対しオファーを返し、相手の信用度を調査、見極めながら取引条件を決めるということは通常の貿易と同様です。 後になって言った言わないという争いや、理解の齟齬を防ぐために、全てのやりとりをEメールや書面(契約書、LOI、MOU等)で残すようにしましょう。 化粧品輸出の規制概要
続きを読む >>

販売店対策・ブランドイメージ保持・ロゴの使用方法(商標法、輸入販売契約)

外国の販売代理店が、当社の製品を販売するために、当社の会社ロゴを使用しています。 しかし、その使用の仕方が安っぽく、明らかに当社の会社のイメージとかけ離れています。 修正させたいのですが、どうしたらよいでしょうか。 解決への道筋 その販売代理店に、ロゴの使用をやめるか、化粧品会社の指示に従うよう通告します。 そして、使用した場合の不利益について説明して、化粧品会社の指示に従ってロゴの使用
続きを読む >>

他社に開発委託をした場合において発明結果に対する権利を確保したい(研究委託契約・特許)。

A社は、製品開発については、化粧品メーカーB社に委託します。 開発した製品については、当社のプライベートブランドとして独占的に販売します。 研究成果である特許についても独占的に使用する権利を取得できるようにしたいのですが、可能でしょうか。 解決への道筋 特許を受ける権利 特許法上、特許を受ける権利は、原則として、開発者個人に帰属します。 しかし、従業者等の発明であり、その性質上当該使用
続きを読む >>

製造元が当社の化粧品と類似の製品を販売している(秘密保持契約、製造委託契約、不正競争防止法)

当社が開発した化粧品と酷似した化粧品が、当社が発売した直後に他社から発売されています! どうやらその化粧品の製造委託先を退職した従業員が、転職先でその化粧品の製造方法を使ったようなので、製造・販売をやめさせる方法はないでしょうか? 解決への道筋 当該化粧品が、特許権、実用新案権、不正競争保護法等で保護されていれば、それに応じて差し止めたり、損害賠償を求めることができます。 従って、特許権や
続きを読む >>

競合他社が当社製品の真似と思われる商品名をつけた製品を販売している(商標法)

当社の商品名と類似した商品名をつけた商品を競合会社が販売しています。 それをやめさせることはできないでしょうか? 解決への道筋 商標を侵害している旨の警告書を出して、販売をやめさせ、商品を回収・廃棄させました。 弁護士からのご提案 商標権の侵害 せっかく時間と費用をかけて開発したのに、商品名を真似されてはその価値が大きく損なわれることがあります。また粗悪な製品を販売された場合、当該開発
続きを読む >>

競合会社が自社製品の容器と類似したものを使用している(意匠法、商標法)

競業会社が、依頼者の化粧品会社が作った独自の形をした容器と類似した容器を使っているため、それをやめさせることができないか。 解決への道筋 意匠登録してあったため、それを根拠に使用をやめるよう書面で要請したところ、真似をしたことを認め、その容器の使用をやめました。 容器の意匠登録までするかどうかは、費用の問題もありケースバイケースです。ご相談があった案件では、開発段階からご相談を受けていました
続きを読む >>

法人化

現在個人事業主ですが、そろそろ法人化するかを迷っています。どのタイミングで法人化したらよいでしょうか? また法人化するとしてどのような形がよいでしょうか。 弁護士からのポイント 基本的に個人事業主は、事業から生じる損失を全て個人で負担します。したがって、事業の債務について、個人の財産まで差し押さえの対象になり得ます。 会社にしておけば、会社の財産と個人の財産は別なので、会社の債務につい
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
化粧品・美容関連業のあらゆる問題に対応します。まずはお気軽にご相談を。 050-1748-9706 受付時間:平日09:30~19:00(土日・祝日応相談) 受付:平日9:30~19:00(土日・祝日応相談)弁護士 西脇威夫
  • メールでのご相談はこちら
  • chatworkでのご相談はこちら
お問合せ
弁護士 西脇威夫
弁護士 西脇威夫ニュースレター
化粧品・美容関連業に関する法律や話題のニュースを弁護士の視点から解説。料で読めるニュースレターのメールでの配信登録はこちら。
無料購読する
バックナンバー